カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
明治時代にタイムスリップ 母屋・蔵見学受付中
 夏の涼酒便2017トップ

亀田屋酒造店とは

豊かな自然、日本の屋根、アルプス山系の伏流水で醸す

長野松本は、日本の屋根北アルプスの山々に囲まれた盆地です。内陸性の気候のため、気温の差が激しく、冬の冷え込みは特に厳しいものがあります。それが酒造りには欠かせない環境を作りだし、昔から「寒造り」の酒文化を育んできました。

亀田屋酒造店の創業は明治二年、初代の亀井半十郎が酒造りをはじめ、私、竹本祐子で現在六代目です。祖父である四代目の亀井旭彦は戦争という時代の荒波をのりこえ、戦争中3分の2の酒蔵は廃業を申し渡されるという過酷な時代でも、当社はお米の配給所もかねていたせいか、あるいは祖父が副組合長をしていたためか、清酒を造り続けることができました。

周囲の村人が川の水をのんでいた時代に井戸を掘り、以来ずっとアルプスの伏流水でお酒を醸しています。下水道が整備されている現在でも、当蔵は地下62メートルから良質な水をくみ上げて酒造りに使用しています。


小さな酒蔵だからこそ手造りのよさを活かす

酒造りは、手造り。蔵人は醸造期、蔵内に寝泊まりをして、醪の管理をします。昔ながらの伝統の技を活かすために、必要以上の機械化をしていません。松本の気候風土を活かした「寒造り」。杜氏の主義で、精魂こめた麹造りをしています。機械化すれば深夜に起きて麹の手入れをする必要もないのですが、酒造りにおいて麹造りは一番のかなめ。手造りだからこそできる美味しさをお届けしたいと願っています。

原料米は美山錦を代表とする長野県産の酒米を使用しています。 瓶詰めでも、高級品種はできるだけ瓶火入れをして香りを逃さないようにしています。平成元年からそれまで造っていなかった大吟醸を復活し、全国新酒鑑評会でこれまでに9回金賞受賞しています。

また、今では造り酒屋の歴史に触れていただく、という切り口で、観光の方にも見学していただいています。最近は外国のお客様も増えました。明治18年建造の母屋は、松本でももう残っていない建物のひとつ。大黒柱があり、囲炉裏があり、箱階段や、昔ながらの雰囲気をそのまま残しています。建築関係の方は、古いまま残っている、当時の部材の凄さをご覧になり、「今後も大切にしてください」などの励ましのお言葉もいただきます。松本にお越しの際はぜひお寄りください。

松本の果実を使ったリキュールや今話題の甘酒など、地酒以外にもチャレンジしています。通信販売を通じて、松本の地酒や当蔵ならではの味を、全国の皆様に楽しんでいただければ幸いです。

会社概要・沿革

会社概要・沿革

受賞暦

2015年(平成27年)International Wine Challenge(IWC)大吟醸部門金賞受賞 

2014年(平成26年)International Wine Challenge(IWC)大吟醸部門銀賞受賞

            全日本国際酒類振興会 全国酒類コンクール 純米吟醸部門 第1位

            第85回関東信越国税局酒類鑑評会 優秀賞

2013年(平成25年) 全国新酒鑑評会 入賞

            International Wine Challenge(IWC)大吟醸部門銀賞受賞

            第84回関東信越国税局酒類鑑評会 優秀賞

2011年(平成23年) 全国新酒鑑評会 金賞(通算9回受賞)

            International Wine Challenge(IWC)大吟醸部門金賞受賞

            第82回関東信越国税局酒類鑑評会 優秀賞

2010年(平成22年) 全国酒類鑑評会 金賞 (通算8回受賞)

81回関東信越国税局酒類鑑評会 優秀賞

            長野県清酒品評会首席優等賞

2009年(平成21年) 80回関東信越国税局酒類鑑評会 優秀賞

2008年(平成20年) 全国新酒鑑評会 金賞 (通算7回受賞)

2003年(平成15年) 74回 関東信越国税局酒類鑑評会 優秀賞

2002年(平成14年) 全国新酒鑑評会 入 賞

2001年(平成13年) 全国新酒鑑評会 入 賞

71回、第72回関東信越国税局酒類鑑評会 優秀賞

1999年(平成11年) 全国新酒鑑評会 金賞(通算6回受賞)

            第69回関東信越国税局酒類鑑評会 優秀賞

1998年(平成10年)全国新酒鑑評会 金賞(通算5回受賞)

             66回、第67回関東信越国税局酒類鑑評会 優秀賞

1997年(平成9年) 全国新酒鑑評会 金賞(通算4回受賞)

64回関東信越国税局酒類鑑評会 優秀賞

1996年(平成8年) 全国新酒鑑評会 金賞(通算3回受賞)

           第62回、第63回関東信越国税局酒類鑑評会 優秀賞

1994年(平成6年)全国新酒鑑評会 金賞(通算2回受賞)

1993年(平成5年)第56回、第57回関東信越国税局酒類鑑評会 優秀賞

1991年(平成3年)全国新酒鑑評会 金賞

1990年(平成2年)第50回、第51回関東信越国税局酒類鑑評会 優秀賞

亀田屋の酒造り


こだわりの酒造り

  • 水へのこだわり
洗いから仕込まで、すべてアルプス山系の伏流水を使用しています。地下62メートルより汲み上げる水は、軟水、水温15度。酒遊館の脇に流れでている水を、大勢の方が容器に入れて持ち帰ります。水は酒造りの命です。
  • 米と仕込みへのこだわり
例えば大吟醸について、精米歩合39%の酒造好適米(山田錦)を、アルプスの伏流水を使用し、限定吸水法による手洗いでストップウォッチ片手に丁寧に仕込んでいます。低温長期もろみで、発酵後期はタンクごと雪囲いをして香りと味の巾を広げる工夫をしています。そして圧搾はできる限り吊るし採りによる自然な搾りをし、瓶詰めの際も、瓶火入れという香りを逃がさない瓶詰め方法をとっています。
  • 伝統仕込みへのこだわり
厳しい冬の寒さを利用した「寒造り」に徹して、粉飴を使用する三倍増醸や、米粉を使用した低原価の経済酒は造りません。
麹のよさが発酵を左右するため、乾燥麹や全自動製麹機を使わず、麹はあくまでも蔵人の手によって造ります。
  • 酒質の向上を目指す
辛いだけの経済酒は造らない。あくまでも米の旨みを感じさせる深い味を追求して、酒質の向上をはかってきました。おかげで30年前にくらべると、平均精米歩合は15%も上がりましたが、造りの量は半分になってしまいました。それだけ手間ひまもかかり、コストもかかりますが、本物の酒造りをあくまでも追求し ていく方針です。

亀田屋の酒が飲める店

亀田屋の酒が飲める店

蔵人・スタッフ紹介

蔵人・スタッフ紹介

母屋・酒蔵見学

母屋・蔵見学

長野の松本にて、昔ながらの“寒造り”で酒造りを続けている亀田屋酒造店です。
松本城観光、上高地や安曇野方面のご旅行のちょっとした立ち寄りに最適!
外国からの観光客も増えています。
130余年前にタイムスリップできる、昔ながらの母屋や酒蔵は旅の思い出になること間違いなし!
ぜひ、一度お立ち寄りください。

  • 平 日/9:00〜17:00
  • 土日曜/9:30〜17:00
  • 休業日/お盆3日間 年末年始12月31日〜1月3日
  1. 見所1 創業130余年の母屋を無料で見学できます。
  2. 見所2 当蔵自慢の地酒を試飲できます。自分好みの地酒を探してみましょう。
  3. 見所3 酒蔵ならではの限定酒、話題の甘酒から酒粕、酒蔵グッズまで幅広い品揃えです。

母屋見学

明治時代の雰囲気が残る母屋―
今日も変わらぬ風景とともに皆様をお待ちしています。
※団体様は必ず事前にご予約ください。
(団体様以外のお客様も事前にご予約いただけると、お待たせしません。)

蔵見学

醸造期(11月〜3月)は、衛生状態を保つために、 見学はご遠慮願っております。
非醸造期(4月〜10月)は、 ご希望がありましたら事前にご予約ください。
蔵出し作業中などで、ご希望に添えない場合もございますので、 ご承知おきください。
※必ず事前にご予約ください。

直売店「酒遊館」

亀田屋酒造店の直売店「酒遊館」では、大吟醸、純米吟醸の他、リキュール、甘酒や酒蔵グッズなどその数100以上を品揃えしてお待ちしています。
試飲にてお好きな一品をお選びください。

■駐車場

大型バス8台 (乗用車 40台)収容

■車でお越しの場合

●松本インターから約2分(約2km)
●松本城から約18分(約5km)
●上高地 沢渡駐車場から約1時間8分(約33km)
到着時間は条件によって異なります。

■ご予約お問い合わせ

TEL 0263-47-1320
FAX 0263-47-7056
E-mail:order@kametaya.co.jp

量り売り情報

亀田屋酒造店では月に1回、タンクから直汲みの量り売りをやっています。
ぜひ、一度お立ち寄りください。


2017年6月の量り売り

 日時:6月24日(土)、25日(日) 9:30〜17:00

 「夏の純米酒」

300㎖:650円  720㎖:1,300円  1.8ℓ:2,600円

 ※なくなり次第終了となります。ご了承ください。

今月はブルーベリー甘酒と酒粕プリンが数量限定で販売されます。

母屋見学

母屋・蔵見学

  • 平 日/9:00〜17:00
  • 土日曜/9:30〜17:00
  • 休業日/お盆3日間 年末年始12月31日〜1月3日
  1. 見所1 創業130余年の母屋を無料で見学できます。
  2. 見所2 当蔵自慢の地酒を試飲できます。自分好みの地酒を探してみましょう。
  3. 見所3 酒蔵ならではの限定酒、話題の甘酒から酒粕、酒蔵グッズまで幅広い品揃えです。


明治時代の雰囲気が残る母屋―

今日も変わらぬ風景とともに皆様をお待ちしています。
※団体様は必ず事前にご予約ください。
(団体様以外のお客様も事前にご予約いただけると、お待たせしません。)

蔵見学

醸造期(11月〜3月)は、衛生状態を保つために、 見学はご遠慮願っております。
非醸造期(4月〜10月)は、 ご希望がありましたら事前にご予約ください。
蔵出し作業中などで、ご希望に添えない場合もございますので、 ご承知おきください。
※必ず事前にご予約ください。

直売店「酒遊館」

亀田屋酒造店の直売店「酒遊館」では、大吟醸、純米吟醸の他、リキュール、甘酒や酒蔵グッズなどその数100以上を品揃えしてお待ちしています。
試飲にてお好きな一品をお選びください。

■駐車場

大型バス8台 (乗用車 40台)収容

■車でお越しの場合

●松本インターから約2分(約2km)
●松本城から約18分(約5km)
●上高地 沢渡駐車場から約1時間8分(約33km)
到着時間は条件によって異なります。

■ご予約お問い合わせ

TEL 0263-47-1320
FAX 0263-47-7056
E-mail:order@kametaya.co.jp

蔵開き案内

第22回

アルプス正宗 亀田屋酒造店 蔵開き

2017年3月25, 26日

昨年2000人を超えるお客様にお集まりいただいた亀田屋酒造店の蔵開きを今年も開催します!!

第22回を迎える今回は企画もさらにパワーアップ!
現在企画中のものもございますが、決定企画をご紹介いたします。
・香りが違う!新酒酒粕の詰め放題!
・酒蔵だけでしか味わえない量り売り
・大好評!蔵開き限定酒は2種類ご用意!
・この日だけのお得な福袋や酒蔵商品
・今話題!大ブーム!あの、純米甘酒あります!
・地酒ガチャガチャ新登場!
・地元お菓子屋さんとコラボした酒蔵スイーツ
 酒粕プリン、大吟醸メロンパンなど
その他、屋台コーナーやお子様風船プレゼント、大抽選会もございますのでご家族で楽しめます。

場所 亀田屋酒造店(松本市島立2748 電話0263−47−1320)
時間 25日(土) 9:30〜16:00
   26日(日) 9:30〜15:00

松本観光案内

松本観光案内

お客様の声

お客様の声

日本酒雑学集

日本酒雑学集